ホテル一覧
写真
宿泊予約・空室検索
空室検索
VISTA STYLE

ユニバーサルデザインでやさしいホテルに

誰もが心地良く快適にご利用頂ける施設と、温かみのあるサービスへ


客室洗面3点独立式
○客室内のフラット化により、居室スペース、バスルーム、トイレへの移動がスムーズに。
○トイレは取り外し可能な引き戸を採用し、車椅子のままご利用いただけます。
○バスルームは洗い場のあるゆったりスペース。上下移動可能なシャワーヘッドは手すりも兼用。

ユニバーサル仕様
エントランスアプローチのスロープ化をはじめ、手すりの設置、エレベータ内のボタン配置など、ホテル内は車椅子でもご利用頂けるよう配慮したバリアフリー設計になっています。


 障害のある技能者が世界レベルの技を競う「国際アビリンピック」。2007年11月14日から静岡市で開催されることとなり、この地域の宿泊施設の中で最もユニバーサルデザイン化されたホテルとして「ホテルビスタ清水」がクローズアップされました。(2007.08.09NTV系『ご存じですか』にて放送)当ホテルへの視察にはユニバーサル五輪実行委員の方々、同プロデューサーの山崎 泰広 様、その他たくさんの関係者の方々がお見えになりました。

 山崎様はアクティブな車いす使用者の方で、実際当ホテルの使い勝手を試していただき、優れている面、貴重なアドバイスをいただきました。どのホテルよりも優れている面は、エントランスから客室、バスルーム、トイレ、すべての場所に行くのもオールフラットであるということ。特にバス、洗面、トイレの3点セットは従来のユニットバスタイプでなく分離式になっており、その副産物として一番重要なことは「敷居がない」ということです。

 客室内では車いすの回転も可能で、扉があると奥まで入ることができないトイレは、車いすの方がご宿泊の際は扉を簡単に外して対応できます。洗面台の下部も通常は化粧板があって奥まで入れず蛇口まで届かないのですが、こちらも簡単に外せ、奥まで足が入ることが可能となり、自由な使い勝手となります。もちろんエントランスアプローチの部分も段差がなく、一階トイレは車いす対応のもの。2基あるエレベーターの内、1基は車いす対応となっております。(手すり付、鏡付、回転ができる広さ、低い位置にもボタンが付いている)

 オールフラット化というのはとにかく珍しく、全国的にも無いのでは?とのお話でした。(できれば1階スペースの車いすの常設とトイレ部分の手すりの設置が何室かあれば申し分ないとのこと。)高級ホテル等で数室ユニバーサルデザイン化されたホテルはありますが、それを1泊3万円とか高い値段を出して泊まるというのは、ユニバーサルデザインホテルとしてはナンセンスで、普通に泊って普通の金額でというところに価値があるのです。

 ユニバーサルデザイン化というのは決して障害者の方だけのものという意味でなく「すべての人のためのデザイン」を意味しているのです。手すりなどすべてにおいてこのようなものがあれば、障害者の方にはもちろん、高齢者の方にも、そして私たちも含めたすべての人に優しいホテルとなるものと思います。

 それはホテルの語源である「ホスピタリティー」の精神を貫くことにつながるのではないでしょうか?ハードだけに頼ることなく、それにともなったソフト面の対応が最も重要なことであることも認識し、英語・中国語対応できるスタッフを置き、笑顔が素晴らしいスタッフになるようにも努めております。

そんな「すべての人に優しいホテル」になることが私の理想です。

ホテルビスタ清水 支配人
内村 法正

 
〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町1-23 TEL.054-371-9111 FAX.054-371-9112
JR「清水」駅より徒歩3分
VISTA CARD
VISTA STYLE
航空券付き宿泊予約
hotel locations
モバイルサイト
 
スマートフォン用ページへ