ホテル開発事例

新規開発

ホテルビスタプレミオ京都 和邸(なごみてい)
ホテルビスタプレミオ京都[河原町通]に続く、京都2店舗目として出店いたしました。ホテルが立地する新町通では祇園祭の山鉾巡行が行われるため、外観は街並みに配慮し、またロビーには京都の町屋を思わせる坪庭を配しています。ダブルとツインの2タイプの客室にはビスタの代名詞といえる「バスルーム」「トイレ」「洗面台」を別々に配置した水廻り3点独立型スタイルを導入(一部客室を除く)、接遇面においてはお客様との出会いの瞬間を大切にするとの思いから、ビスタで初めてシッティングチェックインを採用しています。
ホテルビスタ広島
広島市の中心地「八丁掘交差点」、「広島電鉄 八丁堀電停」より徒歩2分の好立地にオープン。「平和都市」のイメージに加えて、お客さまにリラックスして、穏やかな気持ちで寛いでいただけるホテルを目指すという思いから、「和(=和み)」をコンセプトに開発されました。3点独立型水廻りを全客室に実現し、ツインルームにはマイクロバブルバスを設置しています。また、広島市には訪日外国人が多いこともあり、日本や広島を感じるテイストをスタイリッシュに表現しました。
ホテルビスタプレミオ東京[赤坂]
煌びやかな赤坂の街にあって、シンプル且つスタイリッシュで上質なデザインを基本とすることで存在感を示しています。特に、ファサードデザインは、「門をくぐる」「暖簾をくぐる」といったように、日本の文化に深く根付いている「くぐる」という動作を意識した備えを施し、街の喧騒からホテルの静寂へと切り替わる瞬間を感じて頂けるよう工夫しています。また、洗い場のあるバスルームを導入した3点独立型水廻りの客室は、我が家に帰ってきたかのような居心地の良さを演出しています。
ホテルビスタ金沢
「兼六園」「茶屋街」に代表される観光地として、また「加賀友禅」や「九谷焼」などの伝統工芸でも有名な石川県・金沢に、ビスタホテルグループの北陸第一号店としてオープンいたしました。客室には多目的な宿泊用途に適した3点独立型客室やシャワードバスルームを、大浴場には「ホテルビスタ仙台」でも好評のシルキーバス(超微細発泡風呂)や、寝湯を導入しています。また、滞在中には内装・インテリアの随所に「金沢らしさ」を見つけることが出来るでしょう。
ホテルビスタ名古屋[錦]
オフィスビルや商業施設が立ち並び、名古屋城の城下町としての歴史を持つ名古屋市中区錦エリア、その中においても久屋大通駅から徒歩2分、栄駅から徒歩5分という好立地にオープンいたしました。全客室にビスタの代名詞とも言える3点独立型水廻り を導入、その室内には部屋と廊下を分けるための仕切り扉や、伝統工芸「名古屋黒紋付染」のアートワークなど、こだわりを各処に凝らしています。
ホテルビスタプレミオ横浜[みなとみらい]
ビスタホテルグループの旗艦店として、また、グループの上位ブランド「プレミオ」として、目覚しく発展する国際都市、横浜の「みなとみらい21地区」にオープンいたしました。3点独立型の客室と、ビジネスユーザーに好評のシャワードバスルームを導入。そして、利用される全てのお客様が横浜港やみなとみらいの美しい街並みを一望できるよう、フロントロビーやスポーツジムを最上階の20階に、レストランを19階に配置し、ビスタホテルの新しいスタイルを提供しています。
ホテルビスタ仙台
ビジネスユーザーをメインターゲットにしつつ、観光・イベント等のレジャー需要にも対応できる宿泊主体型のホテルです。3点独立型客室やシャワードバスルームを導入する一方で、東北地方の冬の厳しい寒さで冷たくなった体をゆっくり温めていただけるよう、ホテルビスタでは初めて大浴場を設置いたしました。デザイン・仕様においても、ホテルビスタらしい「+Relaxation」を追及したホテルが完成し、開業以来、お客様から高い評価をいただいております。
ホテルビスタ海老名
隣接エリアにホテルが多数出店していたことから、これらと競合する可能性を考慮し、綿密なマーケット調査を実施。その結果、独自の商圏を形成していると判断し、出店に踏み切りました。加えて、周辺の既存ホテルと価格帯で競合するのを避けるため、ハード面でバスルームとトイレ、べ―シン(洗面台)を分けた客室を設計するという独自の工夫を施し、内装・備品にも徹底的にこだわりました。

リブランド

ホテルビスタ札幌[大通]
2018年6月1日にリブランドオープンいたしました。リブランドながらも全客室で「洗い場付きのお風呂」、「トイレ」、「洗面」が分かれた3点独立型水廻りを導入しており、ビスタグループのホテルとしての特徴を備えています。「ホテルビスタ札幌[中島公園]」に続き、札幌市内で2店舗目になる当ホテルは、札幌中心部にある狸小路商店街に面し、地下鉄大通駅まで徒歩5分、すすきの駅まで徒歩4分の好立地にあり、ビジネスのお客様にとっても、観光のお客様にとっても、使い勝手の良いホテルとして好評です。
ホテルビスタプレミオ京都[河原町通]
2013年に運営業務承継したホテルを、2014年2月に「ホテルビスタプレミオ京都[河原町通]」としてリブランドオープンさせました。大きなあんどんに見立てた外観、雪見障子や和風照明など和のテイストをふんだんに盛り込み、シティホテルに負けない上質な空間を提供しております。また、リブランドに当たってはいち早くWi-Fiを導入してインターネット環境の充実を図り、欧米やアジア圏の外国人比率を上げていくことで、新規参入も多く競争の激しい京都市内エリアの中でも安定した収益力を維持しております。

外部提携

ホテルJALシティ那覇
グループ会社の株式会社サン・ビスタ那覇が「ホテルJALシティ那覇」のホテル部分について、オーナーであるREITと賃貸借契約を締結。サン・ビスタ那覇は経営会社として株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメントと運営管理契約を締結し、キースタッフの派遣を受けてホテル運営に当たっております。このように、出店エリアの特性やオーナー様のリクエストに応じて、他ブランドでのホテル運営も手掛けております。

TOPページへ戻る(ホテル運営受託事業のご紹介)

コメントは受け付けていません。