+Relaxation

ビスタホテルグループは、2005年にホテル運営受託事業を開始してから、今日までに北は北海道・札幌から南は九州・熊本まで、「ホテルビスタ」のブランドで宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)を営業しています。
ホテルビスタの魅力のひとつは、バスルームとトイレ、洗面台の水回りがそれぞれ別に設置されていることです。
2006年開業のホテルビスタ札幌を皮切りに、清水、熊本空港、海老名の全客室でこの3点独立型を実現しています。
日本人の生活習慣に合った客室設計と、地域密着型のホテル作りがお客様の支持を得て、大手オンライントラベルエージェントの口コミ評価の高さに加え、リピーターが多いのが特長です。
ビスタホテルグループは「+Relaxation」をキーワードに、お客様本位のサービス、地域の特性を考えたデザイン・施設構成によるワンランク上のビジネスホテル作りを進めています。

ホテルビスタで働く3つのメリット

  • +仲間

    +仲間

    お客様に心のこもったおもてなしをするために、従業員同士が笑顔でつながる職場の雰囲気つくりをしています。日々“つながり”を感じることで楽しく働けます!

  • +発見

    +発見

    従業員に“決まったことだけをさせる”それがないのがビスタです。だから、自分でお客様にとってうれしいこと、周りの仲間を手伝えること、自分がしたいことを日々の仕事の中で自然と見つけ、成長することができます!

  • +挑戦

    +挑戦

    ビスタに決まった線引きはありません。ここからここまでではなく、どこからでもどこまでも。際限なく、挑戦することができます!バイトでも正社員でも自分が見つけた強みを活かすことができる環境です。接客、企画、システムでもあなたが挑戦したいことを後押しします!

インタビュー インタビュー インタビュー インタビュー インタビュー インタビュー
  • STAFF INTERVIEW01

    自分の働き方を知ることで、ホテルビスタを彩る

    ホテルビスタ海老名 正社員 フロント / 中村創一郎

    “仕事”も“プライベート”も楽しむMy Style
    前職では販売の仕事をしていましたが、もっとお客様に寄り添うサービスをしたいという想いからホテル業界を志望しました。地元が海老名で土地勘もあるので、ホテルビスタ海老名で働くことを決意。夜間のフロントスタッフの責任者として勤務するなかで、日次予算達成のかかった販売活動、売上の報告をはじめ、翌日の部屋割りの調整といった接客面だけでない数字的な部分での関りも多くなり、自身の売上貢献につながる動きや、全体の稼働率を高めることに対しても気を配るようになりました。
    働くまでは、夜勤というと過酷なイメージがありましたが、私の場合は1度のシフトが17時~翌日の午前11時です。日勤の約2日分一気に働き、2日分ゆっくり休養をとります。休日の場合、2日間休んだ翌日の出勤時刻が17時からなので2.5日の休みがあるという感覚で予定も立てやすく、早朝出勤ではない分、気持ち的にも余裕があります。趣味のツーリングや旅行などにも行きやすくなったので個人的にはこの勤務スタイルは非常に気に入っています。
    知ることで生まれる、その場所ならではの“素敵”
    年に数回行なわれる本社のスタッフ研修に、ホテルビスタ海老名の代表として参加する機会をいただきました。1泊2日の研修では、各ホテルから選ばれたスタッフとともに、サービスについて講義を受けるほか、テーマに沿ったディスカッションを行ない、全国のスタッフと触れ合いながら自分や勤めるホテルのレベルを知ることができました。比較することで、営業所のこれからの課題はもちろん、さらに伸ばしていきたい良いところを発見するなど、より素敵なホテルにしていくために、自分はなにができるかを考えるようになりました。
    ホテルビスタは、地域のお客様に合わせて、客室の設計やインテリアが異なります。加えて、スタッフのカラーがあったり、運営に工夫していたりと、同じグループでありながら各ホテルが切磋琢磨し合っています。そういった関係が顕著に感じ取れるこの研修は、自らの成長をはじめ、グループ全体のモチベーション強化にも繋がっていると感じます。
  • STAFF INTERVIEW02

    お客様にも、スタッフにも笑顔を届けるために

    ホテルビスタ海老名 正社員 キャプテン / 片本和子

    やってごらんの後押しがある。だから私はもっと輝ける。
    ホテルビスタ海老名のキャプテンとして、お客さまや働くスタッフにとって、さらに良い環境をつくり、ホテルビスタ海老名の底上げから会社全体の成長に貢献したいという気持ちは日に日に強くなります。
    以前はシティホテルで働いていましたが、幅広い業務を行ないながら会社の成長に携われるホテルのほうが、好奇心旺盛な自分には合っていると感じ、ビスタに入社しました。プランの企画など、集客分野を担当しながらも、人員が足りないときはフロントに入り、現場の状況に合わせて臨機応変にサポートしています。その他にも、レストラン店舗のスタッフと率先してコミュニケーションを図り、ホテルビスタ海老名に来てもらうことを楽しんでもらうために季節ごとの食事メニューを一緒に考案するなど、お客さまにご満足いただけるホテルを目指し、取り組んでいます。忙しい毎日ですが、イキイキとやりがいを持って業務に励んでいます。
    フロント業務の心遣いから、お客様に足を運んでもらうための企画や、快適に宿泊していただくための品質の管理など、なんでも任せてもらえる環境をポジティブに捉え、日々成長しています。
    こころに愛を、ひとに感謝を。私の笑顔のつくり方。
    私が常に気を付けていることは、心に笑顔を絶やさないことです。顔は笑顔で対応していても、心が笑っていないとお客さまに気持ちが届かないこともあります。しかし常に心の中まで笑顔でいるのはなかなか難しいことです。だからこそ、自然ににこやかになれるようなあたたかい雰囲気づくりが大事です。マネージャーはじめスタッフひとり一人が明るい雰囲気作りを心掛けています。それが、今のホテルビスタ海老名というホテルです。私自身もキャプテンとしてスタッフを守る立場になり、働きやすいチームワークや環境づくりにさらに注力していきたいと考えています。
    もちろん私一人でできることではないので、周りに語りかけ、互いに思いやりを持ちながら環境を良くし、さらに良いホテルを目指していきたいと思います。
    ビスタは可能性のある会社です。なんでも挑戦させてくれるこの会社を大切にし、これからも現状に満足せず様々な経験を積んでいきたいです。
  • STAFF INTERVIEW03

    見つける。自分にしかできない”おもてなし”

    ホテルビスタ海老名 契約社員 フロント / 小野瀬理

    きっかけは“利用者”として。感じた魅力を多くの方に届けたい。
    以前は大手ファミリーレストランで、キッチン・ホール・配達など一連の業務を行なっていました。接客業が好きで、今よりワンランク上の技術を学べる環境で働きたいと考えた時に、ホテル業界ならば、本格的なホスピタリティが学べるのではと興味を持ちました。
    プライベートで1度ホテルビスタ海老名に宿泊したことがあり、館内やお部屋の綺麗さ、浴室の快適さ、朝食の美味しさにとても満足した経験があったので、こちらのホテルフロントに応募しました。
    入ってまず驚いたことは電話対応の素晴らしさ。とにかく先輩方の対応する早さに圧倒されました。ワンコールで必ずとる、もちろん言葉遣いや声のトーンにも配慮する。その徹底ぶりにお客さまをお待たせしないための気遣いや思いやりを感じ取ることができました。
    海老名では月1で全体ミーティングが行なわれており、役職、持ち場を問わず一人ひとりの意見を吸い上げてくれます。お客さまの満足度向上に向けて、誰もが発言しやすい環境が整っています。
    お客さまを第一に。私ができる“最善”を考える。
    私が常に意識していることはお客さまとのふれあいです。なにを求めていて、どんな風に接してほしいのかをホテルフロントとして見極める能力をもっと養い、海老名にくるなら是非ここに泊まりたいと思ってもらえるようになりたいです。
    ご年配の利用者さまも多く、なかにはカードキーや部屋の設備に対して使用方法がわからないお客さまもいらっしゃいます。そうした場合は口頭での説明だけではなく一緒にお部屋まで行き、丁寧に説明します。要望に対し、自分が最善だと思う方法でお客さまに満足いただくこと。「ありがとう」と言ってもらえた時には、この上ないやりがいを感じますね。
    個人的にはシステム関連の業務にも興味があるので、フロント業務のひとつである事務作業を通してホテル業務とシステムの重要性を理解し、勉強していくことで、より満足度の高いホテル創りに貢献していきたいと思います。
  • STAFF INTERVIEW04

    気が利く力でお客様との架け橋になる

    ホテルビスタ海老名 正社員 フロント / 松井貴大

    短い時間が、特別になるように。
    お客さまと対面して働くといった接客業が好きで、ホテルのフロント業務に興味を持ちました。いざ始めてみると、思いのほか業務内容が幅広いことに驚きましたが、その分他の接客業よりも多くの経験ができると感じています。
    入って3ヶ月ほどは先輩がマンツーマンで付き、業務を細かく指導してもらえますが、最初は作業を覚えるのに精一杯でお客さまの顔を見る余裕がありませんでした。業務を覚え、気持ちに余裕がでてくると、以前バーテンダーの経験があり、お客様の顔と名前を覚えることが得意だったので、2.3回目の方に対しては「いつもありがとうございます。」の一言を添えて鍵をお渡しするなど、お客さまの立場に立って、嬉しいと感じることを積極的に実践してきました。フロントで接する短い時間のなかで、いかにお客さまに満足していただけるかに注力し、試行錯誤しながらお客さまとの距離を縮めています。
    お客さまへの想いはことばを超えて、繋がる。
    私にとってのやりがいは、やはりお客さまに喜んでいただくことです。そのためにはお客さまの求めているものを考え、行動に移す。例えばロビーで、地図を持って困っている方がいたら自ら話し掛け、ご案内してあげるといったアクションをとる意思が大事です。
    実際に、日本語が話せない外国人の方で、あるブランドのバトミントンラケットを購入したいというお客さまがいました。人員的にも余裕があったので、上司に許可をとってスポーツ用品店までお連れし、翻訳アプリを使いながら一緒に商品をお探ししたこともあります。私が行動したことで、お客さまが感動し、感謝をしてくれる。お客様と接する機会の多いホテルフロントならではのやりがいだと感じました。
    今後も、お客さまの満足度を今以上に上げるために、お客さまにとってプラスになることを考え、行動し、良いホテルだと思っていただけるよう務めていきます。
  • STAFF INTERVIEW05

    支え合う職場だからできる成長

    ホテルビスタ厚木 正社員 フロント / 上津原ありさ

    働く人に支えられ、大好きと思える職場に出会えた。
    まるでブティックのような上品な外観に惹かれ、「ここで働けたらかっこいいな」と思ったのがビスタを選んだきっかけです。前職で接客経験があったとはいえ、ホテルは初めてだったので覚えることも多く、日々勉強と反省の繰り返しでした。落ち込むこともありましたが、その度に支えてくれたのはここで働くスタッフ達でした。隅っこでめそめそしていたら、わざわざ探して励ましてくれたり、誰かが忙しいときは、積極的にフォローし合ったりと、本当にチームワークの良い職場です。
    スタッフ同士の人間関係が良くなければ、お客様の満足するサービスも出来ません。距離感が近く、アットホームな環境だからこそ、お互いを気遣い助け合いながら、みんなが気持ちよく仕事をすることができていると思います。私はこの職場が大好きです。能力がすごく高いのも魅力なのかもしれませんが、人間的な面で人に好かれる方や、チームで働く環境に馴染める気遣いの出来る方と一緒にホテルビスタ厚木をもっと成長させていきたいです。
    経験0を100にする。その環境がビスタにはある。
    ホテルビスタ厚木では、海外のお客様が多いときで3分の1を占めます。私は半年間のオーストラリア留学を経験しており、日常的な英会話には自信がありましたが、ビジネス英語が得意ではありませんでした。チェックインに対応する英会話とお客様からのご用命に対応する英語など、ビジネス英語を改めて学び、他のスタッフもお客様に失礼のない対応ができるよう、一覧にしてみんなに配ったりもしました。英語に苦手意識の強かったスタッフたちが話せるようになったと自覚して喜んでいるのは素晴らしいことだと思います。
    英語には興味があるけれど、接客となるとハードルが高いと感じる方でも、日々の業務のなかで自然に覚えていけるチャンスは多いです。
    語学面だけでなく、ビスタで働きたいと思ってくれる方には、頭や体をたくさん使って、自身の成長を楽しんでほしいです。そしてビスタの人や仕事を、どんどん好きになってほしいですね。
  • STAFF INTERVIEW06

    挑戦を楽しむことで見つかる自分

    ホテルビスタ厚木 正社員 アシスタントマネージャー / 富家明大

    新たな世界で見つけた自分の居場所。
    派遣からスタートし、契約社員から正社員へと徐々にキャリアアップを重ね、現在はアシスタントマネージャーという責任ある役職を任されています。
    以前はやりたいことが見つからず、事務職を中心に様々な職場を経験してきましたが、サービス業の経験が少なかった私にとって、ホテル業界は新しい挑戦でした。
    単調な事務作業の繰り返しが多かった前職に比べ、ダイレクトにリアクションが返ってくる接客業はとても新鮮です。自分の対応にお客様が満足して下さり、その気持ちをWEBの口コミなどで見つけた時はなにより嬉しいですし、さらに良いサービスを提供しようとモチベーションも高まります。
    ホテル業界を志望する方には、接客業が好き、今まで培った経験を活かしたいという方が多いかもしれません。しかし、私のように接客経験のない人でも、新しい発見や幅広い業務を通して、自分なりのやりがいを見いだし、長く続けていきたいと思える環境がビスタにはあります。
    “やってみたい”を叶える。好奇心は成長の種である。
    マニュアル通りに従うことだけがサービスだと考えていません。そのため、事細やかな言葉や行動までのルールは設けていません。その場その場で個人の判断や空気を察して行動するからこそ、あたたかく臨機応変なサービスが可能なのだと思います。業務幅も広いので、社員やアルバイト関係なく、興味があればなんでも取り組んで欲しいです。実際に特技があればなんでも活かせます。例えばパソコンが強いとか、英語が得意、プランの企画やマネジメントでも、学びたいことや活かしたいことがあれば積極的に挑戦してほしいです。
    実際、私はWEBサイトにプランを掲載する担当をしていますが、ただ載せるだけではなく、どうやったらお客様に伝わるかを事務職の頃から培った細かい部分への気遣いが活かされていると感じています。
    ホテルはいろいろな変化がある職場です。はじめは仕事ができなくても構いません。一緒に気持ちよく仕事が出来るような思いやりを持った方と、世間の傾向や流れに柔軟に対応し、様々な出会いや業務を楽しみながら、一緒に成長していきたいです。

Works仕事内容

フロント業務

お客様を最初にお迎えし、最後にお見送りするフロント業務。
まさにホテルの顔と言えるポジションです。

【主な業務内容】
・お客様のチェックイン・チェックアウトの対応
・お客様へのインフォメーション対応
・会計業務
・宿泊予約の受付・確認
・電話応対 等

【仕事もプライベートも充実「メリハリ夜勤ワークスタイル」】
・当日の夕方に出勤し、翌日の午前中に退勤となります。
・勤務前や夜勤明けの時間を有効活用できます。

勤務シフト--

※夜勤のワークスタイルについては「STAFF.1 中村」のインタビューをご覧下さい。

スタッフインタビューへ

Works仕事内容

企画・販売促進業務

お客様が興味を持ち、実際に利用していただくためのプラン企画・制作を行い、販売に移していく業務。
ホテル・周辺地域の魅力や楽しみを創出し、WEBサイトを中心に情報発信していきます。

【主な業務内容】
・宿泊プラン/レストランイベントの企画
・タイアッププランの提携先開拓・交渉(飲食店、観光施設、物販店 等)
・お取引先との打ち合わせ(レストラン運営会社、旅行会社 等)
・WEBサイトを利用したマーケティング

Works仕事内容

品質管理業務

お客様に快適にお過ごしいただくため、ホテルの設備や備品を管理する業務。
ホテルのクオリティを上げていくための重要なポジションです。

【主な業務内容】
・客室の清掃・備品チェック
・客室備品の在庫管理・発注
・新しい製品の調査・導入検討
・お取引先との打ち合わせ(清掃会社、リネン会社、ビル管理会社 等)

HOTEL VISTA RECRUITMENT

”自分らしく働きたい”そんなあなたをビスタは待っています。

募集要項一覧はこちら